お問い合わせはこちら



高額で専門的だった技術もあるラインを超えると急速にコストダウンと汎用化が進み、一気に導入が進みます。


クラウドコンピューティングの活用やIoT、AIの導入は、大企業が試験的に導入するものではなく、中小規模事業者が生産性向上や新ビジネスを行うために現実解として導入する時代になりました。


また、在宅や短時間勤務、リモートオフィスなど、働き方改革の実現にはクラウドなどのICT技術の導入が不可避になっています。


地方の中小規模事業者にまさに普及しようとしているこれらの技術、経営の取り組みをいち早く導入し、時代を引っ張ろうとする先進的な企業が今求められています。


挑戦する中小規模事業経営者にスポットをあてて、地方全体の経営改革を盛り上げるきっかけを作る機会を作りました。


たくさんのご応募をお待ちしております。



全国クラウド活用大賞とは


総務省による中小規模事業者向けのクラウドサービス等のICT利活用を促進する事業として、先進的なICT利活用により経営改革に成功した中小規模事業者を表彰するものです。

全国5都市を舞台に、公開プレゼンテーションによる地方大会を開催し、各都市の優秀事例を集めて東京で決勝大会を行い、最優秀事例には総務大臣表彰を授与します。


選出された各優秀事例はWEBサイトなどで広く公開したり、各地方での講演を依頼するなどモデルケースとして周辺の地域に広く展開する予定です。



応募対象と審査基準


日本国内でクラウドなどICT技術を活用した事業活動を行っている中小規模事業者すべてが対象となります。


審査基準は革新性やコストパフォーマンス、経営改善度などで審査します。

詳しい応募要領と審査基準はこちらをご覧ください。



スケジュール

2018年8月13日(月) コンテスト特設サイトオープン

            募集開始(八尾大会)*平成30年8月31日(金)八尾大会募集締め切り


*その他の地方大会の募集については順次公開します


地方大会のご案内

加賀大会


地方大会の開催について


日本国内の中小規模事業者であれば、全国どの地方大会でも応募できます。





コンテスト受託事業者

一般社団法人クラウド活用・地域ICT投資促進協議会(略称:CLOUDIL)

【リンク:https://cloudil.jp/

事務局

(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ) 内)

〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル4F


Copyright © 一般社団法人クラウド活用・地域ICT投資促進協議会 略称[CLOUDIL]

プライバシーポリシー